ブログ

産業廃棄物最終処分場建設計画に関する委員長所見 ②計画の大規模性、長期性について

(1)リスク、不確実性について

 事業規模が大規模であるほど、また長期間であるほど、上述のような問題リスクは高まる。管理期間が60年間ということになれば、リスクから不確実性に転化するとさえいえる。(いまから60年前、1947年といえば日本国憲法施行の年であるが、それから今日までの社会の変化や科学技術の発展、環境意識の高まりを想起されたい。)

 「未知の有害性」の問題、廃棄物をめぐる社会的・経済的情勢の変化、北陸・石川における産廃処理業の経営環境などに関わるリスクを60年先まで評価し対応することは、事実上、不可能である。

(2)事業主体について

上記のリスク等から、事業主体である(株)門前クリーンパークの経営が立ち行かなくなり、管理能力を失うことがあり得るということも、考えておかなければならない。

 門前クリーンパークの現在の株主は、大成建設株式会社と株式会社タケエイであり、門前クリーンパークが管理能力を失った場合には、これら2社がなんらかの責任を果たすことが求められるであろう。

 大成建設は、日本を代表する建設会社であるが、バブル崩壊後のゼネコン危機のなか、2000年には大手4社で、有利子負債がもっとも多くなり(連結で9,663億円)、株価もいちばん低くなる(2000年6月19日終値151円)などの経験もあり、今後、数十年のあいだ万全かと問われれば、残念ながら不安なしといえない。また、談合事件に関与する(たとえば、新潟市談合事件(2004年)、防衛施設庁官製談合事件(2006年))など、コンプライアンス(法令順守)の点でも不安を否定できない。

 タケエイは、産業廃棄物処理の分野では最高水準の企業のひとつと目されているが、管理型最終処分場は有しておらず、また設立から30年しかたっておらず、計画の長期性を考えると将来の確実性には不安が残る。

 (以上は、各社の評価を確定的に述べたものではなく、本計画の是非を判断するうえで考慮すべき形式的可能性について論じたものである)

(3)計画の3期分割に関連して

 さまざまな問題について段落ごとにチェックできることは計画を3期に分けたことのメリットであるが、逆にいえば、計画のあとになるほど事故等の問題性が高くなる。しかも、事故があとになるほど、現世代の誰も対応できず責任もとれない。

 3期分割は、全体計画を前提とすれば評価できる点だが、期間分割が必要なほど大規模かつ長期の計画というところにやはり問題があるといわざるをえない。

(続く)

IMG_2386

産業廃棄物最終処分場建設計画に関する委員長所見 ①自然環境に与える影響について

 計画されている最終処分場の安全性は、現時点で最高水準ないしそれに近いものであろうことは理解できる。しかし、その上でなお以下のような不安が残る。

(1)法規制の不十分さについて

 排水に関して規制されている物質がドイツなど先進諸国と比べて少なく、規制を厳格に守っても、環境への悪影響の可能性は否定できない。また、総量規制の観点も欠落している。

 これは、本計画固有の問題ではなく、国の早急な対応が待たれるところであるが、本委員会が検討するべき問題は、違法か否かではなく環境汚染の危険性があるかないかであるから、規制対象外の物質による環境汚染や総量規制の観点の欠落への懸念は、重要な判断材料である。

(2)「未知の有害性」等について

 計測技術の発達などにより、将来的に「既知の物質の未知の有害性」や「未知の有害物質の存在」が明らかになる可能性は否定できない。60年後には及ぶであろう最終処分場の管理期間中には、その可能性は決して低いとは言えず、本委員会の誰も責任のとりようがないものを是とするlことはできない。

(3)想定を超える大地震の可能性

 能登半島沖地震(1993年、マグニチュード6.6)や能登半島地震(2007年、マグニチュード6.9)の発生を考慮に入れると、未知の活断層や活断層の見落としを含め、より大規模な地震が起こりえることも考えておく必要がある。本計画では相当規模の地震にも耐えられる設計になっているが、中越沖地震(2007年、マグニチュード6.8)における柏崎刈羽原子力発電所のように、「想定外」の事態もありえる。

(4)想定を超える豪雨の可能性

 近年、狭い範囲に短時間で過去の記録をはるかに上回る大雨が降る例が多くなってきている。本計画における大雨の想定は、治水ダムなど公的な計画における想定と比べて非常に小さいものになっている。

 処理能力を超える出水により、浸出水が未処理のまま下流に流される危険性がある。

(続く)

IMG_2385

 

「能登を全国のゴミ捨て場にさせない」住民投票で決める署名運動を実施中

輪島市では「住民投票で決める」ことを求める“直接請求”の署名運動に取り組んでいます。輪島市の「住民投票条例」では、有権者総数の6分の1以上の自筆・生年月日・印鑑押した署名が提出されれば住民投票をすることになっています。約4,200筆必要です。ぜひ成功させましょう。

img088 img089

野党3党+市民統一候補 しばた未来さん(無所属) 24日(金)輪島市街頭演説予定

野党3党+市民統一候補 しばた未来さん(無所属)街頭演説予定を載せました。市民のみなさん応援よろしくお願いいたします。

〇7:15 いろは橋詰

〇8:00 街頭演説 朝市 まだら館前

〇9:00 街頭演説 輪島郵便局前

〇10:15 街頭演説 町野サンケン前

IMG_2084

野党3党+市民の統一候補 しばた未来さん(無所属)出発式! 「戦争法廃止」「政治を変えよう」

7月10日投票の「参議院選挙」が6月22日公示され、無所属で野党3党(共産・民進・社民)と市民が推す、しばた未来さんの出発式が行われました。

安保法廃止を訴え

 しばたさんは、安保法成立前に出会った母親の言葉として、つわりや陣痛の大変さからいのちの重み強調し「『いのちが大事にされていない世界に息子を産み落としたくない』と泣きながら話してくれた」と紹介。「戦争には破壊しかない。被害にあうのは普通に暮らしている私たちです」と安保法廃止を訴えました。

7月23日から期日前投票始まる

 7月23日から選挙期日の前日まで期日前投票が始まりました。

政治を変えよう

 投票に行って政治を変えましょう。

IMG_2075 IMG_2084 IMG_2085

 

6月16日、「しんぶん赤旗」に石川県輪島市が紹介されました!

6月16日の「しんぶん赤旗」のたび欄に、石川県輪島市の記事が掲載されました。私のインタビューも紹介されています。

img082

Page 2 of 1312345...10...Last »